ローマ字表記といっても、いろんな種類があります。このアプリの「音」検索では、

タイ語の発音記号との関連性も最も保たれている下記の表の表記法を使います。

 最も一般的に使われているローマ字表記法なので違和感は無いと思いますが、検索時の注意などを記載しておりますので、目を通しておいてください。

OKA式検索法で使うローマ字

【母音】        a    i    u    e    o

 

【カ行】        ka    ki    ku    ke    ko    

【サ行】        sa    si    su    se    so

【タ行】        ta    ti (ティ)    tu    te    to    (tsu は使わない)

                                 chi (チ)

【ナ行】        na    ni    nu    ne    no

【ハ行】        ha    hi    hu    he    ho

【マ行】        ma    mi    mu    me    mo

【ヤ行】        ya    (yi)     yu    ye     yo    (yi は発音記号では ji と表示している場合もあります)

【ラ行】        ra    ri    ru    re    ro

【ワ行】        wa    wi    wu    we    wo

【ン】            n

【ガ行】        ga    gi    gu    ge    go

【ザ行】        タイ語に「ザ行」の音は無いので「サ行」に置き換える 。      

                            ただし、外来語の発音では一部「Z」を使っても引けるようにしてある。

【ダ行】        da    di(ディ)   du(デゥ)    de    do

【バ行】        ba    bi    bu    be    bo

【パ行】        pa    pi    pu    pe    po

(【キャ行】 kya   --   kyu   --   kyo)

(【シャ行】sha  shi  shu  she  sho)

(タイ語には上記の日本語の【キャ行】【シャ行】に対応する音はありませんが、そのように聞こえる場合は、自分が感じた音で検索して下さい。例えば、日本語の「kya」の音はタイ語では「kiya」と発音されますが、「kiya」と発音された音でも「kya」と聞こえれば、聞こえた通りに「kya」で引けばいいです。何もヒットしない場合は、検索の指示が「ヒント」として出るはずです。        

【チャ行】  cha   chi   chu   che   cho 

【ジャ行】   ja        ji       ju       je      jo    

「アプリ使い方」TOP

ローマ字表

画面解説

「音」検索

「タイ文字」検索

「日本語」検索

「その他」検索

しおり・コピー・図

動画一覧